KEYWORD LIST

イギリスのビンテージ家具/ERCOL/アーコール/レフェクトリーテーブル/ダイニング/ DT544

i-code
88-3-01480

SOLD OUT!


こちらの商品の配送区分はサイズ E となります。
配送料金詳細についてはこちら

在庫無し

SOLDOUT!

商品説明 商品詳細
ERCOL/アーコールのレフェクトリーテーブルです。
レフェクトリー(またはリフェクトリー)とは食堂用テーブルという意味。このようなテーブルはアメリカではダイニングテーブルと呼ばれています。

[Dining]は食事の意味ですが、イギリスでは、ダイニングテーブルといっても通じないことがあります。
分かりやすいように弊社でも一般的にはダイニングテーブルと呼びます。
こちらはよくあるアーコール社の伸縮なしのテーブルです。
マーガレットハウエルさんの影響でERCOL社から復刻版が出されたモデルですね。

奥行きは76.5cm、若干狭い感じがしますが、コンパクト設計のマンションやアパートメントにはぴったりです。
今まであるようでなかったサイズが人気が出た理由だと思います。
通常4人、きゅっとコンパクトに座れば左右に椅子を置いて6人までいけます。

■接続部のチェック後、必要に応じてばらして組み直し、簡単な塗装後にお届けします。本来ラッカーで仕上げてあるアーコール社の家具にはウレタン仕上げが適しています。
ERCOLの商品は無垢の集成材を使用しているため、湿度により木が伸縮し、接ぎ目に隙間、反りが出ることもあります。日光や空調の風が直接当たる場所は極力避けるよう、ご注意下さい。

■ERCOL/アーコール社は1920年代に設立されたイギリスの家具メーカーです。20世紀初頭にイギリスに移住してきたイタリア生まれの家具デザイナーの創業者ルシアン・アーコラーニ/LucianErcolaniは蒸気で固い木を曲げる「曲げ木」の大量生産技術を確立し、1947年に、のちにイギリスの椅子のスタンダードとなるウィンザー・シリーズを発表しました。
 2002年から復刻版の製造を開始、その後マーガレット・ハウエルのショップでもこの復刻版は販売されることとなり、たちまち世界中で人気が高まりました。アーコール社は現在も家具を作っていますが、弊社では50〜70年代にデザインされた無垢のエルム材を使った家具をメインに取り扱いしています。エルムの木目と艶、丸みを帯びた天板のやわらかいライン、すらりとした脚、狭いお部屋でも圧迫感がなく、とてもお薦めです。

さらに詳しく商品説明を見る

■生産国 イギリス
■メーカー ERCOL
■サイズ 幅1520 x奥行780 x高さ720(mm) 
■素材 エルム材、ブナ材
■程度 実際に使用されていた商品の為、
     擦り傷・打痕・ほつれ等多数ございます。
この商品を見た人はこんな商品も見ています。
在庫数: 0点